①アイデアを現実に、レーザー加工機HAJIMEレビュー

Hajime_Product_10

埼玉県にある企業「オーレーザー株式会社」が製造・販売を行っているレーザー加工機「HAJIME」
「誰でも、どこでも、いつでも使える、ハイパフォーマンス」を謳うこの製品、実機をお借りしたので、設置から〜実際の作品制作まで、素人視点でのレビューをご紹介します。

実は筆者はこれまでに、趣味でレーザー加工機を合計2台所有しています。

1代目は2014年頃に海外のクラウドファウンディング「Kickstarter」で購入した、組み立て式のレーザー加工機「MicroSlice」という製品です。

個人でも手に入る価格帯の組み立て式レーザー加工機としては先駆け的な存在で、数百万円という金額が当たり前だったレーザー加工機を約6万円程度で購入できるという、非常に魅了的で楽しい製品でした。

ただし、レーザー加工機としての性能は限定的で、コースターに焼き付けができる程度、黒い紙をなんとか切断できる程度、あくまで「レーザー加工をやってみよう」という製品でした。

2015年頃、ステップアップの為に導入した2代目は海外のショッピングサイト「AliExpress」で見つけたメーカー不明のもので、約14万円程度で購入。

この製品は出力40Wの「CO2レーザー」という、目に見えない強力なレーザーを利用されており、3mm程度の木材やアクリルの切断や、ガラス、石、アルマイト加工されたアルミ(iPhoneなど)への刻印など、かなり本格的な用途での利用が可能になりました。

切断刻印の精度や、本体の調整に多少難はありますが、おもちゃとしては最高に楽しい製品です。

ただ、加工中に鉄製の本体に触れた際に違和感を感じたので調べてみた所、なんと本体に漏電している事がわかり、感電の危険性が非常に高いので現在は使用を中止しています。

今回お借りしたレーザー加工機「HAJIME」は出力30Wの「CO2レーザー」が使用されています。

販売価格は¥598,000と、個人で購入するにはなかなかの金額となっておりますが、日本でハードソフト共に設計されており、マニュアルやサポート、保証等も充実しているとのこと。
次回からは「HAJIME」セットアップ〜実際の加工を通して、使いやすさ、性能、個人でどこまでの加工ができるのかをレビューしていきたいと思います。

関連リンク
アイデアを現実に、レーザー加工機HAJIMEレビュー
アイデアを現実に、レーザー加工機HAJIMEレビュー(事前準備編)
アイデアを現実に、レーザー加工機HAJIMEレビュー(セットアップ編)
アイデアを現実に、レーザー加工機HAJIMEレビュー(名刺作成編)